ウーマン

東京で美容整形をして新たな人生を歩もう│プチ整形がおすすめ

一重が多い理由

カウンセリング

近年では、大きな美容整形の他にも、プチ整形というものを受ける人が多くいます。メスを使った美容整形では、顔や体の一部にメスを使い切り傷を付けます。そうすると、傷口が残るためその傷口が長い期間残ってしまいます。また、ダウンタイムというものが発生し、社会復帰するのに一定の期間を必要とするのです。ダウンタイムは、メスを使った整形手術の時必ず発生します。メスを使わない美容整形はこのダウンタイムが無いものや、あったとしても、期間が非常に短いのが特徴的です。非常に短いのは当たり前として、風呂に入ってはいけないなどの制限も、場合によりますが特にないのが普通だといえます。
プチ整形の市場は徐々に拡大しており、今では東京などにある多くの美容整形外科が取り扱っているのです。東京でも、一重の人が多く、その人達は二重に対して強いあこがれを持っています。元々二重まぶたの人は、日本国内に数多く存在します。しかし、そういう人たちは、日本の端っこに集中しているとされています。元々、日本人は縄文系だという説が最近になって浮上しておりますが、この縄文系と呼ばれる遺伝子を強く継いでいる人は、二重になりやすいとされているのです。ですが、東京を中心としてこの縄文系と呼ばれる遺伝子を継いでいる人は数多くいますが、一重の人が多いという現象がおきています。この理由として、東京周辺に住んでいる人は、縄文系よりも弥生系寄りだからです。現在の日本人は縄文系と弥生系の混血だといわれており、受け継ぐ遺伝子に偏りが生まれているのです。
現在では弥生系の方が優勢だといえます。その結果として、日本には一重まぶたの人が多いのです。一重まぶたには、一重まぶたにしかない魅力があります。しかし、一度その一重まぶたがコンプレックスとなってしまったら、それは自分にとって魅力のないものだと判断してしまうことでしょう。もし、すでにそうなっているのであれば美容整形をして二重にしましょう。上記でも紹介したように、プチ整形をすると良いでしょう。プチ整形では、埋没法などの二重手術があります。この埋没法では、メスを一切使うことがないため、傷口を作ることがありません。そのことから、社会復帰も翌日から可能となります。施術方法も非常に簡単なため、施術時間に多くの時間を必要とすることがありません。

もし、これから美容整形をしようと考えているのであれば、東京周辺にある美容整形外科の中でも、特に良いクリニックをさがすようにすると良いでしょう。クリニックのドクターの身元をしっかりチェックして、ちゃんとした資格や実績などを持っているのかどうかを詳しくチェックしてみましょう。詳しくチェックすることで、ドクターが信頼できる人間かどうか確かめるのです。もし、経歴などがあやふやであるようであれば、そのクリニックはあまりおすすめできません。カウンセリングを受ける際などに、ドクターがちゃんと話を聞いてくれることや、要望に応えてくれることが非常に大切になってきます。ですから、カウンセリングの際にも、チェックしておくと良いです。施術内容などを細かく説明してくれるだけでなく、ちゃんとこちらと向き合って相談に乗ってくれるかどうかなども、クリニック選びをする際に重要な判断材料となるでしょう。